学生の時の苦い思い出

私がワキ毛を気にし始めたのは自分が中学生の時になります。

ワキ毛の恥ずかしい思い

友人が体育の時に着替えている時にふと手を挙げたワキを見てみると、なんとワキ毛がボーボーと生えていました…!

非常に衝撃を受けたので家に帰宅し、早速自分のワキを鏡で見てみると、うっすらとまだ少ないけれど伸びっぱなしのワキ毛の存在が確認出来ました。
これは大変だと思い、母に相談してみました。母はいつも抜いているようなので、私も同じく抜いてみることにしました。

ただ、痛い!最初は悶え苦しみましたが、だんだんと病みつきになっていきました。そうして抜いた一時はワキ毛の存在を気にすることもなく快適に過ごせました。

しかし…うっかりの落とし穴があったのです。
水泳の授業があることを忘れていて、ワキ毛の処理を怠ってしまっていました。
体操などをするとき、男子もたくさんいるのに大変恥ずかしい思いをしたことを今でも覚えています。

今の処理方法は、子供が小さくのんびり毛抜きを使う時間もないので、もっぱらカミソリばかりですが、このワキ毛対策に革新的なアイテムの開発されたら嬉しいなぁ…と思います。

ジムで堂々と動きたい

ワキ毛が恥ずかしくてタンクトップが着れない

数ヶ月前からジムに通っているのだが、そこにはタンクトップを着ながら運動をしている女性、半袖や長袖を着ながら運動している人とがいる。

その中で、タンクトップを着ながら運動している人の脇に、どうしても私は目が行ってしまう。

鏡越しに見ているのだが、そんなに近くでは見てないのでみんなきれいに処理できているなーと感心してしまう。
その後帰ってから私の脇をみると赤くなってたりチョット毛が生えていたりして、ジムに居る人達の脇がなんであんなにきれいなのか謎に思えて仕方がない。

ジムではかなり汗をかくほど運動するからできればタンクトップで運動したいのだが、自分の脇が気になってなかなか堂々とタンクトップを着る事ができない。

だからいつも半袖でやっているのだが、何も気にせずタンクトップを着れるようになるには脇に自信がもてるようにならなければ…。そうする為には剃ったり抜いたりしないでクリームとか使った方がいいのかなー?夏も近いし、脇の処理方法を考えなくちゃ。